オールインワンゲルは敏感肌でも使える!

敏感肌だから、オールインワンゲルはちょっと・・・
なんて思っている方いらっしゃると思いますが、
オールインワンゲルは敏感肌の方に向いているともいえるんです。
敏感肌の効果的な使い方の前に、
オールインワンゲルが敏感肌の方に向いている理由から紹介します。

 

 

オールインワンゲルが敏感肌に向いている理由

 

・化粧水、美容液、乳液、クリームなどのライン使いが1回でOKになる

 

敏感肌の敵、摩擦による刺激が5分の1もしくは4分の1に減らせるなる。
ライン使いが1回で済むので、摩擦による肌刺激が減ります。
角質層への刺激も減り、肌の保水能力も維持でき摩擦による肌の炎症もなくなります。

 

オールインワンゲルとは、そもそも皮膚科医が肌の弱い人(敏感肌)の為を思って
作られた化粧品と言われています。
オールインワンゲルの目的は、肌摩擦の解消ができる化粧品だったんですね。

敏感肌でも安心!オールインワンゲルの効果的な使い方

敏感肌でも安心!オールインワンゲルの効果的な使い方

 

オールインワンゲルの効果的な使い方

 

オールインワンゲルの使い方で多くの方が実践している使い方を紹介します。

 

・他の化粧品と併用して使っている
・お風呂上り直後に塗る
・パックとして使っている
・朝と夜でオールインワンゲルの使い方を変えている

 

このような使い方は、今までにオールインワンゲルを使ったことがある方なら、
一度は試したことがあるかもしれませんね!

 

私もこの4つにの使い方には、肌への保湿、スキンケア効果、
オールインワンゲルの売り時短ケアなど間違いないと思えました。

 

効果的な使い方を詳しくご紹介していきましょう。

 

オールインワンゲルを効果的に使うなら化粧水の併用がいい!

 

オールインワンゲルを正しい使用量で使っていても、
その日の自分の体調、気温の変化や湿度によって肌の調子は毎日違っています。
洗顔後にオールインワンゲルだけでは潤いが足りないと感じる日もあると思います。

 

そんな時におすすめしたいのが、
オールインワンゲルと化粧水の併用使用、敏感肌の方にもおすすめです。

 

オールインワンゲルを塗った後に、美容液やクリームを重ね付けする使い方もあるでしょう。
でも、・・・肌に潤いを与えるには水分量を増やすのが1番てっとり早いです。

 

オールインワンゲルの前に化粧水で肌を潤してあげましょう。

 

@洗顔後にまず化粧水で肌を潤いましょう。
お持ちの化粧水で十分です。

 

Aオールインワンゲルで化粧水の潤いに蓋をしてあげましょう。

 

まれに、保湿が足りないからとオールインワンゲルを重ねて塗るという方法もあります。
重ね塗りしても、潤い成分が浸透する前にオールインワンゲルの成分が肌表面に蓋をしている状態です。
重ねて塗っても、肌の奥に潤い成分が届かない場合が多いので化粧水がいいんです。

 

化粧水の使い方はお好きなように
敏感肌のかたは、摩擦が少ないように、
コットンにたっぷりと含ませやさしく細かくパッティングしましょう。
化粧水は手でバシャバシャ付けたい方はそれでもいいと思います。
それぞれの化粧水の使い方で潤ったあとにオールインワンゲルを塗ってみましょう。

オールインワンゲル効果が一番浸透するのはお風呂上がり

オールインワンゲルは敏感肌でも使える!正しい使い方は?

 

オールインワンゲルを使うならお風呂上りが一番!

オールインワンゲルの美容効果が最大限に活かせるには肌に塗るタイミングが大切です。

 

一番のおすすめは「お風呂上り」です!
お風呂を出たら、乾燥が襲ってくるので、手早くケアしましょう。

 

お風呂上り直後は、浴室内の蒸気により肌の水分量が増えていますが、
入浴後は入浴中に増えた肌の水分量が一気に低下し乾燥へまっしぐら。
肌は敏感になっているの状態です。

 

保湿するタイミングは湯船を出てから10分以内に!

 

浴室内で化粧水やオールインワンゲルを塗るのは難しいので、
手早く身体を拭き、化粧水で潤ってからオールインワンゲルで蓋をして夜のスキンケアはおしまいです。

 

敏感肌にも!オールインワンゲルでパックしちゃいましょう

敏感肌にも!オールインワンゲルでパックしちゃいましょう

 

オールインワンゲルでパックしてみましょう

オールインワンゲルをパックとして使う方法、
実はすでに主流となっていますのでご存知の方も多いことでしょう。

 

乾燥肌対策に湯船につかりながらパックする方法です。
対策なので、季節の変わり目や乾燥する前に定期的にパックするのがおすすめです。
乾燥が気になりだしてからでも悪くないですが、効果的には定期的なパックがいいようです。

 

 

定期的なオールインワンゲルパックは何に効果がある?

 

肌の乾燥はくすみやシワ、ニキビなど、あらゆる肌トラブルの原因となります。
肌が乾燥しないよう定期的にオールインワンゲルでパックをすると、
乾燥が原因の肌トラブル効果があるというわけです。

 

オールインワンゲルのパックは週2〜3回がおすすめです。
週に2〜3回なので曜日を決め、湯船に浸かりながらのながらパックを10分間。
湯船に浸かっていれば、肌の毛穴が開き、肌へは有効成分と美容成分が浸透しやすい状態になっています。
リラックスタイムにスキンケアも一緒にできてうれしいですね!

 

朝と夜でオールインワンゲルの使い方を変えてみる

オールインワンゲルは敏感肌でも使える!正しい使い方は?

 

朝と夜でオールインワンゲルの使い方を変えてみましょう!

 

朝は、オールインワンゲルでスキンケア後にメイクをするのでサラッとしたテクスチャー。
夜は、たっぷりと潤いたいので保湿力が高いもの。
このように思っている方多いと思います。

 

オールインワンゲルを朝と夜で使い方や製品を変える方法は、肌にとても効果があるんです。
夜はお風呂上りにすぐに、化粧水とオールインワンゲルの順番に塗って潤いは完了!
朝は化粧水で肌にしっかり水分を含ませ、サッパリめオールインワンゲルを使います。

 

ここでちょっと裏技も!
BBクリームを使っている方必見です。
BBクリームにオールインワンゲルを混ぜちゃうのです。
そもそも、BBクリームは乳液、化粧下地、UV効果の成分があります。
オールインワンゲルと混ぜちゃえば、あれこれ塗っていくメイクは必要はなくなるわけです。

 

オールインワンゲルとBBクリームを使った素肌感実感メイク

オールインワンゲルとBBクリームを使った素肌感実感メイク

@BBクリームをパール大くらいとその半分のオールインワンゲルをよく混ぜ、
 顔全体に丁寧に伸ばしていきます。
A肌全体に塗ったら、シミなど気になる部分だけそのままのBBクリームを指でおさえていきましょう。

 

たったこれだけで、コンシーラーを使わずにシミなどの肌悩みをカバー、
自然な肌の色を整え、メイク下地ができちゃいます。
仕上げは、しっかりメイクが好きならパウダーファンデーション。
うっすら素肌感が好きなら、フェイスパウダーのみでOK!

 

一度お試しくださいね!
もちろん、Linden(リンデン)エイジング・オールインワンゲルでもキレイに仕上がりますよ〜。

 

Linden(リンデン)エイジング・オールインワンゲルの口コミや最安値購入! ページトップ